メインイメージ

第18回栄南を考える会会議報告

開催日時 :平成30年3月29日(木)PM7時

開催場所 :南部コミュニティーセンター

出席者  :伊藤弘之、山口和博、平賀民夫、山口忠司、加賀幸治、立松光佳、福元一弘、荒川敏明、伊藤正義、

来賓出席:岡村常良、消防団南部地区の分団長5名

会議内容

1、弥富市議会3月議会報告・平成30年度予算報告・栄南学区行政報告

2、弥富市消防団南部中隊10分団の団員不足について

10分団の現状説明・定員23名のとこころ現在10名で団員の年齢も20代が2名、40代の団員もいる、勧誘に務めるが入団してくれない。まずこの現状を地域を活性化しようとする住民の集まりである「栄南を考える会」の皆さんに聞いて頂きたいとのお話であった。

今後の取り組みとしては区長会、コミュニティーの集まり、運動会、自治会等に於いて勧誘する。まずは地域に於いて問題意識を共有する事からスタート。

3分団を2分団に編成する事も最終的には考えなくてはならないが、各分団の消防協力費、保有資金等様々な問題がある。

今後は消防団の問題だけでなく、地域における様々なコミュニティー活動の在り方について考えて行かねばなりません。

3、ヤードへの転用許可の問題、地域における交通問題等が協議された。栄南学区は開発行為が進むにつれそれに付随する様々な道路・交通問題が生じている、今後はこれらの問題に対しても地域を挙げてしっかりと取り組んでゆかねばならない。