メインイメージ

平成30年12月議会

1、本会議初日                                                  25日(火)平成30年第4回弥富市議会定例会初日:AM10時より本会議が開会され日程第1、会議録署名議員として武田正樹議員、大原功議員が指名されました。次に日程第2、会期が12月25日から1月22日までの29日間に決定されました。日程第3、諸般の報告の後日程第4、安藤市長の所信表明が行われました。次に日程第5諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について市長より提案理由の説明の後、質疑討論もなく全員賛成にて平野洋子(弥富市中山町)氏の人権擁護委員を同意しました。次に日程第5、議案第64号第2次弥富市総合計画の基本構想についてから日程第17、議案第76号平成30年度弥富市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までの13議案の提案理由の説明が行われました。次に発議8号・弥富市委員会条例の一部改正について発議第9号・弥富市議会会議規則の一部改正についての議員発議があり質疑は無く那須英二議員の反対討論の後賛成多数で可決されました。これにより総務建設経済委員会、厚生文教委員会が統合され1常任委員会となり議員全員で議案の審議を行う事に成りました。委員会の名称は行財政委員会となり委員長に私・平野広行、副委員長に鈴木みどり議員が選任されました。

2、一般質問

1月8日(火)①永井利明②佐藤高清③朝日將貴④炭竃ふく代⑤那須英二⑥平野広行

1月9日(水)⑦三宮十五郎⑧高橋八重典⑨加藤克之以上9名が一般質問を行いました。

3、議案質疑

1月11日(金)平野広行議員:議案第64号第2次弥富市総合計画の基本構想について①第1章計画策定にあたって、②第2章まちの将来フレームの中財政の見通しについて、③第4章基本構想の実現に向けての3点を質疑。

鈴木みどり議員:議案第71号弥富市運動広場条例の一部改正について。那須英二議員:議案第64号第3章まちづくりの課題についての3名が質疑を行いました。

4、行財政委員会

 12月議会より総務・建設経済委員会、厚生・文教委員会が統合され行財政委員会としてスタートしました。AM9時より総務部、開発部所管の付託事項審査、所管質問が行われ暫時休憩し、午後から民生部、教育部所管の付託事項審査、所管質問の後質疑を集結し討論は無く、議案第64号 第2次弥富市総合計画の基本構想から議案第76号平成30年度弥富市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)迄一括採決し全員賛成で原案を了承しました。

5、本会議最終日

 PM2時より開会。議案第64号 第2次弥富市総合計画の基本構想についてから議案第76号 平成30年度弥富市公共下水道事業特別会計補正予算(1号)迄行財政委員会に付託された13議案に対して審査の経過、結果についての委員長報告に続き、議案第64号に対して三宮十五郎議員より賛成討論の後13議案を一括審査し全員賛成にて全議案を可決しました。その後議案第77号工事請負契約の締結について、議案第78号工事契約の締結についての2議案が追加提案され総務部長より提案理由の説明の後質疑が三宮議員、那須議員より行われ討論もなく全員賛成にて可決されました。議員運営委員会より閉会中の継続審査についての申し出がありこれを認め閉会しました。

 

(12月議会の私見)

 本議会は本来は平成30年12月中に閉会する予定でしたが前市長の辞職に伴い市長選挙が行われたことにより12月25日から平成31年1月22日までの29日間の議会となりました。上程された議案数は13件、追加議案2件を含め15件と議案数が少ない議会でした。その中で最大の審議議案は議案第64号第2次弥富市総合計画の基本構想についてでありました。弥富市の次の10年間の基本目標を定める基本構想案の審議です、私は議案質疑の中でも質問しましたが基本計画の策定にあたり第1次総合計画との大きな違いは、市民の参画と行政との協働による’’市民主体’’を基本とした計画であること。また当該施策・事業の評価は担当部局だけでなく、市民や有識者などで構成する外部からの客観的な評価を行うよう行政評価外部委員会の設置「行財政アドバイザー」の導入の検討を行う事を表明した事は評価できる。今後も健全な財政運営を進めるにはどのように進めていくのか考えを質したところ事務事業の優先順位、必要性をしっかりと精査していくとの回答でした。弥富市の3大事業である新庁舎建設事業、JR/名鉄弥富駅橋上駅舎化事業、新火葬場建設事業の他、市内小学校へのエアコン設置事業、小・中学校の施設改修事業等今後100億円を超す事業費が必要となってきますので事業の計画見直しも含めしっかりとした財政計画に基づき健全な財政運営に努めて行く必要があります。其の為には市民に財政状況の情報発信をしっかり行い問題点を共有し、財政運営を行ってかなければならないと思います。財政力のある弥富市です、知恵を出し合い市民と共同のまちづくり市政運営を一緒に成ってしっかりと進めていく事が大事であると思います。