メインイメージ

第2回弥富市議会タウンミーティング

開催日時 :平成25年10月31日(木)19:00~21:00

場所    :図書館棟3階「市民ホール」

来場者数 :146人

出席議員 :18人(全員)

1、報告会:報告事項

       ①平成24年度一般会計、特別会計決算認定について

       ②宮城県石巻市、七ヶ浜帳の行政視察について

       ③弥富市庁舎建設について

2、意見交換会(主な質疑応答)

 問)議会の防災対策本部をどうしていくのか、また、災害が発生した場合

   議員は集まることができるのか?

 答)執行権を持たない議員が防災組織の中で、どの位置に議会があるべきか

   現在視察を参考に議論している。

 問)鍋田町地内にある最終処分場が利用されていないのではないか?

 答)市から報告を受け説明します。

 問)市の橋梁、高架橋の点検はどのように行われているのか。

 答)愛知県のアセットマネジメントシステム(計画的な施設の整備や維持・管理)

   を利用し点検を行っている。

 問)タウンミーティングの開催の回数や時期をここで決めて欲しいが。

 答)アンケート結果などを踏まえ決めていく。

 問)都市計画税の目的は何なのか。

 答)市長は中期財政計画の中で発言をしているのは事実であるが、

   議会に対し正式なものはない。議案として正式に提案された際には

   議論していく。

 問)十四山庁舎は不要ではないか。

 答)今年4月から支所2階を利用し、海部地方消防指令センターが

   開設するなど有効活用している。

 問)議員報酬について、日当制にしてはどうか。

 答)議員報酬は報酬審議会により決定されている。

 問)十四山保育所のバス送迎の廃止は困る、廃止をやめて欲しいが。

 答)現在、市の保育所で十四山保育所のみがバス送迎を行っている。

   こうした現状に加え、バスの老朽化などから廃止の判断がされた。

 問)議員定数が削減されるが、一部事務組合の業務に影響がでるの

   ではないか。

 答)今後、常任委員会のあり方、一部事務組合への議員派遣を検討

   していく。


  このほかに庁舎建設についての様々なご意見・要望がありましたが、

  住民訴訟が起こった現時点では、司法の場に委ねられており、経緯

  を見守っていきたいと議長から報告がありました。

 

  アンケートの回収率は67%(出席者146名、回答者98名)参加者の年齢別では60台が46名と最も多く続いて70台以上の31名でした。

  性別では男70名女28名。地区別では弥生地区が33名と最も多く少ないのは栄南地区の3名でした。議会タウンミーティングを開催した事への

  評価は評価するが80%を占めた、説明については分かりにくかったが40%で一番多かった、内容についてはどちらとも言えないが50%と一

  番多かった。説明時間についてはちょうど良かったが50%、開催日時については参加しやすかったが70%であった。報告会のあり方について

  はし全域を一つとして開催するが50%小学校区単位で開催するの30%を上回った。又、議会や議員に何を期待しますかの問いには1、情報

  公開2、地域課題を解決する為の活動3、市民への説明責任4、市民との対話の場の創設5、政策提案・調査活動の充実の順でした。その他

  弥富市を全国にPRする活動、イベントの開催。議員の品格を高め、より充実した質問をして欲しいとうの要望がありました。

  第3回は今回の皆様からのご意見を参考により充実したタウンミーティングにして行きます。